残債があっても売却可能!?任意売却で気を付けるべきポイントなど分かりやすく解説!

当サイトは残債があっても売却可能な、任意売却で気を付けるべきポイントなどを分かりやすく解説しています。
ローン残高の方が売却金額より多いけれど住宅を売却したいという場合には、ぜひ参考にしてみてください。
売却の価格は住宅ローンの借入先になる金融機関の査定金額であることは知っておきたいところです。
またこの方法での売却は専門的な不動産売買の手法でもあり、まずは信頼できる業者を見つけることが大切になります。

残債があっても売却可能!?任意売却で気を付けるべきポイントなど分かりやすく解説!

ローンを滞納していたり残債があったりするけれど住宅を売却したいため、任意売却を検討している人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、実際に任意売却をする際の注意点を知っておくべきです。
任意売却などのような場合でも可能だというわけではありません。
長くローンを滞納している状態にならないと条件を満たせないのが特徴です。
また連帯保証人の同意も必要となるので、あらかじめ話をしておく必要もあるでしょう。

任意売却の相談先は経験が豊富な専門の会社に依頼するのが適切

"

任意売却をご検討中の方であれば、可能な限り経験豊富な専門の会社に依頼するのがおすすめです。
任意売却に関する相談を多く承っている会社ならば、利用して良かったと思える可能性が高まります。
これまでの実績や経験から、お客さんにどのようなアドバイスをすれば良いのかを熟知しているのです。
そのことから、しっかりと適切なアドバイスをすることができます。
あなたが任意売却をお考えならば、ぜひ実績数の多い専門の会社に依頼をしてください。
懇切丁寧な対応をしてもらえれば、相談して良かったと思えます。
素人では解決するのが難しいですし、任意売却の際には専門知識を多く有する会社に任せるのが一番です。
そうすることで、ミスマッチをなくせるはずです。
専門会社に依頼する場合、インターネットでさまざまなところを調べ、その中でも信頼できると思えるところにするのがおすすめできます。
あなたにとって、最高の専門家と出会えるようにしませんか?

"

債権者の同意はローンの滞納前に得ることが重要で任意売却は銀行などへの相談がポイント

金融機関というのは資金繰りを常に、チェックしスムーズに返済されることが前提で運用されています。
1回でも返済が滞ると、返済能力の可否について銀行から調査が入り返済能力が乏しいと判断されると速やかに競売の手続きに移るリスクがあります。
このためもし返済が厳しいようであれば滞納前に事前に相談することで、金融機関側も任意売却など対応方法の手段を検討できる余地があるので事前に把握しておくことが肝要なのです。
仕事の都合などで返済能力が厳しくなったさいは出来るだけ早めに金融機関に連絡し、今後の返済計画を検討すると良いです。
もしかしたら任意売却に至らずに最終的に対応が可能な可能性も出てくるからです。
資金繰りが厳しくなればなるほど、任意売却や競売によって返済することになってしまうため年に1回は返済について問題無いかを確認すると安全といえます。
かりに任意売却に至っても、買い主を探したり紹介することで少しでも有利になりえるのです。

債務が残る可能性があるけれど任意売却で少しでも債務を減らすことを考えよう

念願のマイホームを手に入れたというのであれば喜ばしいことですが、長い人生何が起こるか分からず、ローンを組んで自宅を購入したものの返済が滞ってしまう事態に陥ることもあります。
このような場合に、自宅を自分の意思で売却してその売却益をローン返済に充てることを任意売却と呼んでいます。
これにより債務が完済でき手元にいくらかでもお金が残るのであれば良いのですが、多くの場合は売却益のほうがローン残高よりも少なく、結果として借金は完済できないこともあります。
しかしながら、何もせずに放置していると事態はより悪化することが十分にあります。
お金を貸した金融機関からすれば、返済が滞っているのをそのまま見過ごして良いはずがありません。
任意売却を渋っていると、自分の意思とは無関係に、裁判所から強制的に競売にかけられる可能性もあります。
競売も売却の一種ですから売却益は生じますが、一般的に任意売却よりは少なくなりますので、どちらの選択肢が良いかは明らかです。

任意売却を成功させる鍵を握るのは借入先の金融機関

任意売却を成功させる鍵となるものの一つは、住宅ローン借入先の金融機関です。
基本的な話として、任意売却とは住宅ローンの返済に行き詰った場合に自宅を売却し、その売却益をローン返済に充てようとするものですが、ここで売却益がローンの残債よりも高いと考えられるケースでは、お金を融資した金融機関がそれを渋る理由はほとんどありません。
耳を揃えて一括返済してもらえると期待できるわけですから、別に説明や説得にさほど苦労を要するとも思えないわけです。
現実的にはそうではなく、むしろ売却益がローン残債を下回ると考えられる際に行うものを任意売却と呼んでいます。
こうなると、金融機関の立場からすれば話は別であり、本当にそれしか方法はないのかとかいろいろ突っ込まれることが予想できます。
そのため、任意売却が最善の方法であり、それができないと競売などさらに売却益が少ない方法になってしまうことととか、残債の返済計画などを示して納得を得ることが鍵となります。

著者:鍛治輝

筆者プロフィール

東京都豊島区生まれ。
大学卒業後、長年不動産関係の会社に勤務。
退職後は不動産関係のコラムを多数執筆。
任意売却の相談窓口